猫屋町の家 ,

説明

広島市平和公園近くの5階建リノベーションの1~2階部分

夫婦二人と犬1匹が住むシンプルで明るい空間を心掛けた。

1階は道路に面しており、防犯や騒音などの問題があったため、廊下を兼ねたオーク材の間仕切りガラス戸により音は遮断しつつも光を前面に取り入れる設計とした。

既存の躯体高さが2,200㎜程であり、仕上げの色や素材によってはかなり圧迫感を感じる恐れがあったため、ホワイトのシンプルな空間をダウンライトで照らしつつ、2つのペンダントライトのみをアクセントとしている。

また室内全体を犬がいても手入れが簡単でコストパフォーマンスも良いフロアタイルを採用。

2階の和室も樹脂畳を採用し、洋室と連続させることでフレキシブルなホテルのような客室空間とした。