CK guest house

説明
広島市西区にある築年数不詳の古民家をゲストハウスにリノベーション。海外を放浪しながら旅をしてきたオーナーは、和の雰囲気で海外の方を迎え入れ交流を図っている。既存部分の構造補修を兼ねながら全体を明るくなるようホワイトで仕上げている。床材はラワン合板を幅300のに割りウレタン塗装を掛けたフロアを採用した。オープニングパーティーでは、オーナーの人望もあり沢山の人々が完成を祝った。現在は宮島観光に行く外国人に人気の宿となっている。